Mac a La Carte

Macその他新しもの好きのブログです

iMacのカードスロット(その後)とMacBook AirのUSBポートの位置

P1000534.jpg

今日朝から職場に父から電話「iMacのSuperDriveにSDカードを落とした!」
あ~だからこの前、その事は忠告したのに.....。
完全に奥まで落としたようで、取り出し不能な状態の状態のよですが、ネットを検索すると同じ失敗をしている方が結構いるようでした。

「少し厚めの紙を鍵型に切り、SDカードの奥へ入り込むようにしてスロットへ差し込んでから引っ張ることで取り出すことに成功した。」

「薄い名刺に両面テープを貼ってSDカードがありそうなところを探ってみたところ、何とかカードを取り出すことが出来ました。」

救助方法は上記のような感じでした。
私の場合落下寸前で助かったのですが、やはり問題のある位置のような気がします。
父の場合も救出され事なきを得たようですが、位置を変えるか手探りでわかるような目印を付けてもらいたいものです。
P1000537.jpg

11inch MacBook Airの左側USBポートの位置も、私は問題があると思っています。
ポートにUSBメモリを手探りで挿そうとしたら「ビリッ」と電気が走りました。
間違えて電源ポートにメモリ先端の金属が当たってしまったのです。
MacBookの電源ポートにはMagSafeが採用されていますので、近づけば引き寄せられるようにくっついてしまいますからなお厄介です。
通電すればメモリの内容が飛ぶか、破損の可能性もあると思います。
USBポートが2つになったのは大きな収穫ですが、左側の使い方は注意が必要です。

P.S.取り出し方法に誤植があり、訂正しました。

コメント : 2
トラックバック : 0

コメント

Re: スロット

こんにちは、コメントありがとうございます!
以前にこの記事を書いた時にはあまり検索をしてもヒットしなかったのですが、今は「iMac カードスロット 位置」で検索したら同じような人が沢山いました。
当初私がそそっかしいだけかと思いましたが、そうでもないようです。
Airはともかく大きなiMacですので、改善の余地は大いにあると思います。

> 昔、使っていたマックは、CDドライブのすぐ脇に、小さな穴がありました。

私も結構使いましたよ~、大体Macに取り出しようのピンがついてました。
見つからない時はクリップを伸ばすんですよね~。

> 結局はアナログ対応って言うのが、人間の作ったものなんだなあって思えますね^^

皆真っ青になって手を尽くすのですが、光景が思い浮かぶようで笑えます。
デジタルの時代でも結局弄るのは人の手、人間はアナログな生き物です。
まあだから楽しいのでしょうが。

スロット

こんにちは!
私はちょっと前のiMacなので、SDカード用のスロットは無いのですが、確かに画面を見る限り間違えて落としてもおかしくない様な気がします。
デザインと実用性を備えてるのがマックなんだから、このあたり改善の余地有り?

昔、使っていたマックは、CDドライブのすぐ脇に、小さな穴がありました。
これは?と思っていたら、何かの拍子にCDドライブからディスクが取り出せなかった時に、緊急用の処置として細いものを差し込んで、クイッ!と強制的にドライブを開けるための穴。
私は2~3回、お世話になった気がします。

両面テープで探ってみる、クリップの先で穴に差し込む。
結局はアナログ対応って言うのが、人間の作ったものなんだなあって思えますね^^